うつ病と聴覚過敏チェック【大人にも現れる症状】

サイトメニュー

うつ病の症状

看護師

心の症状

よく「抑うつ気分」といったような症状がうつ病にはあると言いますが、これはどのような気分なのでしょうか。 「抑うつ気分」というだけでは、それがどのような気分悪いことを言うのかよくわからないかもしれません。例えば、憂鬱な気分とか、希望を持つことができないとか7落ち込んでしまう、といったように言い換えると、その気分がどんな気分なのかイメージをしやすいと思います。また、今にも泣き出したくなる。といったような状態とか、世の中が馬鹿馬鹿しくなってしまったり、人によってはうつ病による悲しい気持ちを否定をしたりするような人もいます。さらにうつ病の抑うつ気分がある場合には怒りっぽくなるような人もいます。人間には誰でも気分の波があります。子どもだけでなく、大人も自分の感情をコントロールすることは難しいのです。例えば自分にとってがっかりするような出来事が起こったときに誰もが抑うつ気分は感じるのです。 しかし、うつ病になってしまうと、このような抑うつ気分が付に続いてしまい、仕事や勉強の成果ができなくなってしまうほどの状態になってしまうのです。このような抑うつ気分などが続く期間は30年続いてしまったりのほぼ毎日、あるいは2週間以上続くという事は、うつ病になっているかどうかの1つの目安になります。うつ病の症状の感じ方は人によって違います。 抑うつ気分というのははうつ病の代表的な心の症状なのですが、人によっては心の症状よりも体の症状を強く感じるような人もいます。例えば、体が疼くとか。特定の箇所が痛むとか睡眠不足になったり、逆に寝すぎてしまったり、食欲が出ないなどの症状を強く感じる人もいます。このような場合、どんなに体を検査しても異常が見られないためうつ病とはわからないことが多々あります。また、急に聴覚過敏になったりする人もいます。インターネット上では、聴覚過敏のセルフチェックリストがあります。もし、自身が音に敏感になっていると感じているのであれば、セルフチェックで確認してみても良いでしょう。