うつ病と聴覚過敏チェック【大人にも現れる症状】

サイトメニュー

きちんと伝える

耳

誰でも身近なもの

近年になってから、景気低迷が長く続いたせいか、うつ病の患者の数は増加傾向にあり、この日本ではおおよそ75万2 2と言われています。ある調査では15人1人が一生涯に1票を経験しているだろうと推測されているのですか。このようなことから、うつ病はどんな人にとっても他人事ではなく、自らにとって非常に身近な病気であるといえるでしょう。 どんな人でも嫌なことや悲しい事のある人、気持ちが沈んでしまったり、やる気がなくなってしまったりするようなことがあります。しかしいつでもというものは日常で感じている一時的な気分の落ち込みなどではないのですうつ病というものは、言葉では表現ができないほど辛い沈んでしまった気分です。また、あるいは興味や喜びを喪失してしまいほとんど1日中、それだけではなく、ほぼ毎日、2週間以上続くものであり、仕事や事情もに支障が出てしまうような状態のことをうつ病と言います。このうつ病は人間の脳の働きに何らかの問題が発生してしまった状態であると考えられているのです。そのため、自らの気力だけで解決できるものではないのです。このようなうつ病の症状には、前述にも書きましたように抑うつ気分。様々なものに対する関心や喜びなどを焼失してしまい意欲が低下し、さまざまなことに対して北部になってしまったりするなどというような心の症状があるのです。しかし、うつ病の場合には、このような心や精神状態だけではなく、これも前述にも書きましたが、身体的にも様々な症状が現れるということがわかっているのです。そのための糧にする際には、精神的な心の症状だけではなく発症してきた体の症状も並行してにすることは大切になります。自分がうつ病とわかったときには、まずは自分の症状を把握して心療内科などに行って、診察を受けに自分を把握している症状を医師に伝えるようにしましょう。これまでにも書きましたように、うつ病では心だけではなく、体にも様々な症状を発症します。そうして、患者さんご自身でも自分自身が現在どのような状態にあるのか、といったことが把握しにくかったりしていることが多いため、実際に心療内科行く診察に行った時に医師に対してどのような言葉で自分の症状を説明すれば良いのかわからず戸惑ってしまうこともあるでしょう。特に聴覚過敏などの症状は自身が気にし過ぎなだけだと、申告しない人が多いです。しかし、自分の症状をまとめてきちんと症状を伝えなければいけません。聴覚過敏は大人のADHDを発症している可能性もあるので、診察に赴く前にく自分の中と感じている心の状態や体の症状などを記録をしておいてまとめておくとうつ病やADHDチェックの際に役に立つでしょう。