うつ病と聴覚過敏チェック【大人にも現れる症状】

サイトメニュー

うつ病発症の原因

成人女性

発症する仕組み

うつ病の場合には、当初、ただの持ち込みなのか、それともうつ病という病気なのか判断することが難しいことが多々あります。うつ病というものは脳の働きに何らかの原因で問題を起こしてしまい、発症すると考えられています。そのため前述のように単純に気分が落ち込んでいるだけの状態なのか、それともうつ病という病気なのかということを具体的な数値ではっきりと示すことは困難なのです。しかし、その症状の程度やその症状が質および、生活に対する支障は支障の出方によって、うつ病であるかどうかを判断することができるのです。さらに鬱病の場合にはそのような心の症状だけではなく、食事が美味しくなくなってしまったとか。食事が決まらない、食べなきゃいけないと思っているけれど、食が進まない。また、いつもより朝早く目が覚めてしまうため、眠ろうとしてもなかなか寝付けないといったような身体的な症状が現れることもあるのです。しかし、その現われ方は人によって大きく個人差があるのです。中には、音に敏感になる聴覚過敏になってします人もいます。うつ病発症のきっかけは人によってさまざまなのです。その人自身の考え方や生活をしている環境、日常生活や仕事場で発生したようなストレスを複雑に絡み合ってうつ病は引き起こされたしまうと考えられているのです。遺伝との関連性も研究されてはいるのですが、特定の遺伝子が存在すると必ずうつ病は発症してしまうとなるわけではないのです。中には稀に嬉しいことや、明るい出来事などがきっかけとなってうつ病を発症してしまうこともあるのです。人間の脳の中では情報を伝達するための様々な神経伝達物質が働いており、その神経伝達物質の中のセロトニンおよびノルアドレナリン。ドーパミンは、一括りにされており、その総称としてモノアミンと言われています。このモノアミンが減る事でうつ病が発症すると言われています。このうつ病は、大人にだけ現れる症状でなく子どもにも表れる症状になるので、お子様の様子がおかしいと感じた場合には注意して様子をチェックしましょう。ネット上には、セルフチェックが出来るサイトもあるので活用しましょう。