うつ病と聴覚過敏チェック【大人にも現れる症状】

サイトメニュー

敏感になる

女性

不安と焦燥とは

大人でも何かに対して不安を抱くことは誰にでもあるものです。しかしその一方でうつ病を発症した人に不安が出てくると、まずはじっとしていられなくなるというようなことがあります。また、誰かと話をしている際にうつ病の患者さんは話を聞いているようで、実際には自分の心配や苦しみなどを相手に伝えるだけで会話が堂々巡りしてしまう、といったようなことがよくあるのです。また、うつ病の人の症状に現れる焦燥感熱が誰にでも日常生活の中では焦ってしまったり、イライラしたりする様な経験はあるでしょう。しかしうつ病の場合の焦燥感とは静かに座っていることさえできないとか、イライラして足踏みをしてしまったり自分の皮膚や洋服その他の物を歌ったりこすったりするといったような症状が見られます。 このような症状が単純に自分に落ち着きがないなどと思っているだけではなく、周囲の人から見ても十分にわかるほどはっきりとした重い症状になってしまっているような場合のことをうつ病による焦燥感というのです。うつ病になってしまうと通常であれ何の問題もなくできることが自分が思ったようにできなくなってしまいます。自分では何をしようと頭では考えることはできるのですが、行動につながらず焦りばかりが募ってしまいイライラすることがあるのです。そうしてじっとしていられずに、そわそわと歩き回ったりしてしまうのですが、気持ちの中の考えばかりが、いわゆる空回りしてしまっているだけで、実際には行動することができていませんので何も解決しないのです。 例えば、勉強や仕事をしなければならないとは考えていても、その事に気がつかず、気持ちばかりが先走ってしまい段取りも悪くなってしまう状態になってしまいます。焦りがあり、ニラとしている症状になってしまうと、どんなことにでも過敏になってしまい、周囲の人々に当たり散らしてしまうことがあるのです。中でも聴覚過敏になる人は少なくありません。 うつ病を発症した人がどうしてもうまくいかないことに対して「自分が悪い」と思い出しであるため、先ほどのように周囲に当たってしまった自分自身のせめてしまい、自分はダメな人間だと思ってしまう傾向にあります。このような気持ち悪い悪循環がさらにうつ病の症状を悪化させてしまう傾向にあります。うつ病になってしまうと頼まれたことなどができなくなってしまい、このような自分で申し訳がないと考えてしまったり、通常であればできていたようなことが自分が思うように出来なくなってしまって、自分なんて生きていても仕方がないという人間なのだと思ってしまうことが多々あります。そうして、ただひたすらに自分を責めてしまい、もうどうすることもできない、といったような気持ちになり絶望感にさいなまれてしまうことも少なくありません。うつ病になってしまうと頭の思考が働かなくなってしまう状態になりやすく、考え方や物事の捉え方に歪みが生じてしまいやすくなるため過剰に責任を聞く。感じてしまうことがあるのです。ある調査ではうつ病の患者さんの約7割以上がこのような症状があるという結果が出ているのです。もし、これらの症状に対して心当たりがあるのであれば、うつ病チェックや聴覚過敏チェックなどを受けましょう。